ヒートマップとは? | 無料ヒートマップ解析ツール User Heat

無料ヒートマップ解析ツール User Heat

無料で使えるヒートマップとは?

Webサイトにおけるヒートマップとは、ユーザーのマウスの動きである縦横の座標軸データの強弱を色の濃さで表現することにより、ユーザー心理をサイト上に可視化したものです。 ヒートマップによるWeb解析の特徴は、高度な分析方法を必要としないため、Web解析の経験の浅いユーザーでも、簡単に、直感的にWebアクセス解析を行うことが可能です。

5種類のヒートマップを無料で利用可能

無料のWeb解析ツールのUserHeatを使えば、「熟読エリア分析」「クリックエリア分析」「終了エリア分析」等の様々な観点でのヒートマップ解析を無料で利用することができ、誰でも簡単にWebサイトの改善を行うことができるのです。

熟読エリア

訪問者のマウスの動きや滞在時間をもとに、このページがどのように見られているか可視化したヒートマップです。よく見られている段落が赤く表示されています。


熟読エリアのヒートマップ

終了エリア

このページがどこまで読まれたかを表しています。横幅とパーセントの数字は、どのぐらいのユーザーがその場所まで見たかを示しています。

終了エリアのヒートマップ

クリックエリア

ページのどこがクリックされたかを可視化しています。このページのクリックのうち、「ユーザーが一番最後にクリックした場所」だけにしぼって表示しています。

クリックエリアのヒートマップ

マウスムーブ

このページを訪れたユーザーが、マウスをどのように操作したのかを、複数同時に確認できます。複数人の動きを同時に見ることで、このページでのユーザー閲覧行動の傾向が明らかになります。

マウストラックのヒートマップ

離脱エリア

グローバルナビゲーションの解析結果一覧をクリックすると、ページの一覧がでてきます。みたいページのページ名をクリックします。※ヒートマップが見れるようになるには、データが貯まるまで待つ必要があります。

離脱エリアのヒートマップ

月間30万PVまで分析

無料なのに多くのページ数・ページビューに対応。UserHeatでは1サイトあたり月間30万PVまで分析することできます。
30万PVを経過後は計測が止まり、自動で課金されるようなことはありません。

無料登録

無料で使える

ユーザーヒートのご利用は無料です

下記フォームに解析したいページのURLを入力してください。すぐに使い始めることができます。